厄介なダニを駆除するためには、駆除グッズを効果的に使おう

シロアリの対策

多様化するシロアリ被害に対してそれぞれに応じた対策が必要です

シロアリの被害に遭うと非常に大きな損害を被る事になります。たかが害虫被害と侮れないのが現実です。建てて間もない新築住宅でさえもシロアリの食害に遭うケースも少なくないです。新築住宅でも5年を過ぎれば再び防蟻処理をする事と定期的な点検が必要となります。シロアリはヤマトシロアリとイエシロアリが家に被害を与える害虫として知られています。これらは生息する地域が違い、対処方法も異なります。しかし最近では居ないと考えられていた場所にイエシロアリの被害が見られる事が確認されています。習性が違う事から存在を見落としてしまい、後々大きな被害となってしまう事があります。今後もイエシロアリの分布図が変化する事が予想されるので駆除の際には注意が必要です。

害虫駆除は専門家に依頼した方が短期間で解消できます

家の周辺で羽アリを見つけたり、家の中の壁や柱に異常が見られた場合は直ぐに対処する必要があります。ホームセンターでは多数の薬剤が販売されていますが、素人が散布しても一時的な効果でしかない事もあります。目の届かない場所へしっかり薬効を行き渡らせる為には専門家の処置が必要です。専門業者へ依頼すれば床下の薬剤の散布に加えて土壌改良や食害による破損部分の補修も行います。優良業者なら保証期間を設定している業者が殆どです。その後に高額な費用を追加される事も無く、シロアリ被害を短期間で解消できます。更に住まい選びの段階から害虫の被害が及び難い家選びや設計をする事も必要です。近年ありがちな断熱材を多用した気密性の高い家は何かと害虫の好む湿気が発生し易いので注意が必要です。